リドカインで耐久力UP!

スーパーカマグラで早漏も防ぐ俺のやり方

早漏の原因と改善方法

女性の方が性交で求める膣への挿入時間の平均がおおよそ20分と言われ、言い換えればこれは絶頂に達するまでに必要な時間と考えてよく、男性の方は最低でもこの時間は硬度を持続し、また刺激に耐えられあるいは自己の意思で操作しなければ満たされる性交を行う事が出来なくなります。
すぐに射精してしまう病気を早漏といい、これは最近までは非常に定義が曖昧な分野でもあり自己判断での症状の自覚は難しいとされ、あらゆる情報を摂取してしまう事で本症を発症していないのにも関わらず、思い込みにより発症に繋がる事も少なくなく判断が難しいとされてきました。
2008年に世界的な定義として発表され曖昧であった定義を統一し3つの基準を設ける事で1つでも該当するのであれば発症しているとしています。
定義として定められた早漏とは、「挿入の前後を問わず1分以内での射精」「挿入時に自己の意思のみで射精感を減退あるいは遅らせる事が出来ない」「すぐに射精してしまう為に十分な挿入時間を確保出来ず、相手の欲求を解消出来ない為に性交に対して苦痛または心の負担となる」となり1つでも該当するのであれば放置し悪化させてしまう前に早期の治療を必要とし、改善方法は幾つか存在しているので男性の方の状態や状況に合わせた治療の選択となります。
本症を発症する要因として患者の70%以上の割合でみられる現在進行しているあるいは過去に心に受けた傷がきっかけとなる事や脳内にある化学物質の1つである5-HTの均衡が保てなくなる事で脳が異常なまでに興奮してしまう事、また先天的な事も含む真性包茎等が影響し皮膚や亀頭が敏感な状態となり直接あるいは物理的な刺激に弱く挿入時は膣の圧迫に耐える事が出来ない事などが挙げられます。
要因によって改善方法は異なり、最も時間を要し非薬物療法を行う心に関わる問題は直接的な方法がなく、あくまでも間接的に心の治療をする事しか出来ないので長期の治療期間を必要とし、化学物質の不足はSSRI抗うつ剤で補う事ができ性交前に投与する事で射精感をある程度まで自己の意思で操作出来る様になります。
陰茎過敏な状態は若者に多くみられ、年齢に伴い感度も鈍化していくので自然治癒する事もありますが、それでも治らない場合には局所麻酔剤等を陰茎に塗布あるいは噴霧する事で人工的に感度を鈍くする事ができ、包茎である際には不衛生な事もあるので外科的な施術を必要とします。